FC2ブログ
Sadisteria & Masochistaurant
お昼のSM奥様劇場      ~サディステリア & マゾヒストラン~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
そこに絶対領域はあるのか?
mistres05.jpg




メイドカフェのメイドには絶対領域というのがあるらしい。

メイドのコスプレはなぜかフリルのスカートとタイツがセットになっているが、このスカートとタイツの間にわずかに見える素肌の太股の部分を絶対領域というらしい。
詳しいことは知らんが・・・

甘い! おれから言わせると甘~~~い そして、甘いついでにネタが全然面白くないスピードワゴンの井戸田死ね、相方のブサイクも死ね。

いや、そうではなくて、絶対領域なのだが、コスチュームの合間から見える素肌の部分をそういうのであれば、革手袋フェチの私としては、キャットスーツに革手袋のスタイルで、その袖と革手袋の間に時々しか見えない肌がたまらない。時々しか見えないんだぞ! すごく貴重なんだぞ!
おそらくこれに共感する人は皆無でしょうが・・・・

そんなこだわりのある男のはなし。

「あ~~違うんだな~~ぁ~~。そういう露出の多い衣装じゃなくて、もっとピタっとしたテカテカの衣装ないの?」

ビスチェにガーターストッキングというシンプルかつ下着っぽい衣装で現れた女王様に客がいきなりダメ出ししている。
さすがに客商売の彼女はキレることもなく淡々と酒屋の御用聞きのように注文を聞いてみる

「え、どんな感じのがいいですか? エナメルとかの方がいいんですか?」

「そう、テカテカしたやつで、全身覆い隠してるような。キャットスーツとかないの?」

「あ~~、キャットスーツはないですねぇ・・・ エナメルなら今ここにあるのは、この上着とこのスカートかな」

と言って彼女はライダース風のエナメルジャケットにタイトなエナメルのミニスカートを出してきた。

「あ~~~、そういうのじゃないんだよね・・・ そんなやぼったいのじゃなくて、もっと体のラインがクッキリと出るようなヤツないの? スカートもロングのほうがいいんだよね・・・」

はい、ここで普通はキレますよね。だって奴隷さんなのに、この横柄な態度はすごいですね。
でも、彼女は親の躾が良かったせいで、ここは忍耐強くガマンして、プレイが始まったら10倍にして返済してやろうと、企んでいますね。

「う~~ん そうねぇ、事務所に戻ったら、なにか誰かのがあるかもしれないから、見てきましょうか。 時間かかるけど大丈夫」

「そうだね。それでバッチリのコスチュームになるならガマンするよ」

彼女は淡々とその場から去って、コスチュームを取りにいく。

30分近くかかっただろうか・・・ 彼女が戻って来た時、その男はイライラして逆切れ気味だった。

「こんな感じでいいかしら」

キャットスーツはなかったものの、それらしいエナメルの上下がみつかったらしく、彼女はそれを持って戻ってきた。
上はエナメルの長袖で首の襟が無く、後ろでジッパーを止めるタイプ。下はロングのエナメルのスカートに端がフリル状になったもの。
「う~~ん惜しい。 この上着は襟があるやつが良かったのに。スカートもこのフリルがヤダなぁ」

「こ、これ以上はもうありませんが・・・・どうしますか?」

「じゃ、いいや、理想的な衣装が無いと盛り上がらないから、全裸でお願いします!」

「こ、殺す・・・」

その後、全裸になるわけでもなく、適当に衣装をまとった彼女がその男を半殺しにしたのは間違いない。


※この話しはフィクションなのだが、ボクのコスチュームに対するこだわりは似たようなモノがあります。 が、こんな無茶はいいませんから。

スポンサーサイト
[PR]

【2006/01/19 02:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ゴールドメンバー | ホーム | バレたかどうだか・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://teburock.blog27.fc2.com/tb.php/33-a5800220
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

テクロー

Author:テクロー
昼時の奥様のための退屈しのぎに
笑えるSM短編ストーリーはいかがですか?
シリアスな世界のSMだからこそ、笑えるエピソードを勝手に妄想、捏造、偽装でお送りします。

ま、短編というよりはショートショートですね。


■■■作者プロフ■■■
子供のころなぜか、戦隊ヒーロー番組に出てくる悪役の女性に興奮を覚えてしまいました。
それがコスチュームが原因だったとわかるのはもっと後のことで、女王様のようなコスチュームに興奮する自分に気づいた時から、徐々にSMに興味を持ち始め、特に手袋にこだわりをもつようになりました。
今では革の手袋でビンタされるのが好きで
クラブに革の手袋を持参していくように・・・

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。